毛穴

毛穴

鼻毛穴の対処方法や毛穴パックの正しい使い方など毛穴ケアに関するサイトです。

鼻毛穴

鏡をみるとつい気になってしまうポツポツのイチゴ鼻。「どうにかしてこのポツポツを取り除きたい」と思って、早速毛穴パック。ごっそり取れた角栓を見て「よかったあ~」なんて喜んでいたりしていませんか。これ、誤ったケア方法なんです。毛穴パックをすると角栓がたくさん取れるため爽快感がありますが、その場しのぎなんです。

 

実は、角栓と一緒に細胞間資質(セラミドなど)や天然保湿成分など肌に必要な細胞まで一緒に取り除いているんです。ごっそり取り除いた毛穴はぽっかり穴が空いた状態になり、そこに細菌やウィルスなどが侵入しないように肌は自分で脂をたくさん分泌して、穴を埋めようとします。

 

そうなんです。ごっそり取り除くと、それを補おうと脂質が過剰分泌される悪循環になるのです。では、どうすればイチゴ鼻を解消できるのかといいますと毎日の洗顔を見直し、正しい洗顔をしっかり行うこと。これがとても大切です。肌にはターンオーバーといって定期的に古い角質を落とし新しい細胞を作る自浄作用があります。その機能をしっかり復活させることがイチゴ鼻からサヨナラする一番の方法なのですね。正しい洗顔をしっかり行えば、1~2ヶ月ほどでキメ細かな潤いのあるお鼻に生まれ変わりますよ。

毛穴パック

毛穴パックは、使用方法によっては、逆に毛穴を広げてしまう恐れもあります。ごっそり、角栓が取れたのはいいけど、「前より毛穴が広がって黒ずみや汚れが目立ってしまった。」なんてことにならないように、正しく使用するようにしましょう。

 

まず、毛穴パックを使用する時は、事前に温めて毛穴を広げること。毛穴が開いていない状態で強引に角栓を除去しようとすると閉じている毛穴を思いっきり開かせるため肌に負担がかかります。例えると土に埋まっている大根をおもいっきり引き抜くようなものです。ぱっくりと開いた毛穴は、外部からの細菌などから守るため皮脂分泌が過剰になり、悪循環になります。

 

そして、パック後のアフターケアは十分に行うこと。パック後の肌は、角質が剥がれ至る所が傷ついています。また、水分も一緒に吸い取られるので潤いが不足した状態になっています。パックが終わったら、取れた角栓を見て喜んでいるのでなく、すぐに保湿ケアをするようにしましょう。

最後に、しっかり冷却すること。十分に保湿ケアをした後は、毛穴が開いたままになっているので、保冷剤などでパックした箇所を冷却するようにしましょう。これをすると毛穴が引き締まり、その後の肌の状態が全く変わってきます。

 

毛穴パックをすると肌への負担が大きいですので、使用頻度もできるだけ抑えて、上手に利用しましょうね。

毛穴ケア

毛穴のケア方法は、しっかり洗顔して、化粧水つけて、乳液つけてetc・・・。「いろいろ市販の化粧品試したけど、お肌の調子が整わない」という方は、このいろいろ試す行為があまり良くないのかもしれません。肌は、自分で浄化して周期的にきれいな肌に生まれ変わるターンオーバー機能が備わっています。肌に対していろいろ行うと正常に働いているターンオーバー機能の周期が早くなったり遅くなったりしてお肌のトラブルにつながる恐れがあります。



自分の肌のことをしっかり理解すること。



これが、毛穴ケアにはとても大切なことなんですね。そこで、そのターンオーバー機能をしっかり働かせることを念頭において、アメリカで女性のお肌の総合的な悩みに関する研究を長年行ってきた会社ビーグレンを紹介します。ここの商品はニキビ、シワ、エイジングケア、しみ、くすみ、毛穴の悩み、目元の悩みなど、いろんなケースに沿ったケア商品があり少しづつ成分も違います。一つ一つ丁寧に研究を行い、開発された商品ならではのきめ細かな対応ですのでとても安心して使用できます。ネット上の口コミなどを確認しても良い反応が多いですね。でも、最初は自分の肌に合うのか心配です。そういう方のためにトライアルキットがお求めしやすい価格で用意されています。一度、自分に合うか試してみるのも良いかもしれません。

気になる方はこちら>>>b.glen

毛穴 トップへ戻る