ニキビ

ニキビ

ニキビの治し方やニキビ跡にお悩みの方のためのサイトです。

お得情報サイト > ニキビ

ニキビ 治し方

ニキビを治す方法って皆さん、何を思い浮かべます?薬用クリームやニキビケア商品を真っ先に思い浮かべると思いますが、ココでは、基本的な方法をお教えします。

 

まず、1番目は、「十分な保湿」。当たり前といえばそうなのですが、現代の生活環境ではパソコンや電化製品などで乾燥しやすい状況が多く保湿ケアがとても大事。夏はクーラー、冬はエアコンや暖房で乾燥しがちですので、洗顔後は欠かさず保湿ローションなどでお肌を守りましょう。オイリー肌の方も保湿をしっかりすることで、余分な皮脂の分泌を抑制することができます。

 

2番目は、「十分な睡眠をとる」こと。これもついスマホやPCをいじったり、深夜までテレビを観たりしておろそかになりがちです。最低6時間の睡眠をとるように心がけましょう。

 

3番目は、「食事を見直す」こと。現代社会の中では、決められた時間にしっかり栄養のある食事を摂ることってとても難しくなっています。残業や飲み会などでどうしても食生活が乱れがちですので、強い意志をもってできるだけ栄養価の高い食べ物を摂るように心がけましょう。

 

そして、最後に「規則正しい生活リズムを作る」こと。まず、朝起きる時間と夜寝る時間を決めて実行する。次は食事時間を決めて実行する、次は・・・というように少しづつ、生活リズムを整えていくことで、自然と一日の生活リズムが固定され、規則正しい生活ができるようになります。ニキビを治すことは、日々の努力の積み重ねが大切ですのでしっかり頑張って、美しいお肌を取り戻しましょう。

ニキビ 場所

ニキビのできる場所って、顔を真っ先に思い浮かべる方がほとんどですよね。でも、ニキビって顔以外にもいろいろなところにできるってこと知っています?背中やおしりなどにできてしまうと場所が場所だけに女性にとってイメージが悪くなりがち。日頃から清潔にすることを心がけましょう。

 

また、顔の中でも場所によってケアの方法が違ってきます。例えば頬にできた場合、原因としてまず考えられるのが、胃腸が弱っていること。最近、飲み会が続いたり、辛いものや甘いものを食べ過ぎたりしていませんか?無理なダイエットや早食いなども胃腸に負担をかけます。胃腸が弱ると消化吸収がうまくできなくなり、頬にできやすくなります。偏った食生活が続いた後は梅干しや煮物系の大根、サトイモ、キャベツを食べるのが効果的です。

 

他にもあごにできる場合は偏った食生活や過剰なストレスなどが原因だったり、ホルモンバランスが崩れている場合にできやすいです。女性が生理前にあごニキビができるのはこのためです。できる場所によって、少しづつ原因や対処方法が違ったりするので、しっかりと原因を突き止めケアしましょうね。

ニキビ 薬

ニキビケア用の薬ってたくさんあって選ぶのがタイヘン。

でも、たくさんある薬でも、それぞれ有効成分や効果が少しづつ違っているので、しっかり確認して選びましょう。そして、場所によってニキビのできる原因が違うことは先ほど説明しましたが、私が一番できる場所、それは何をかくそう、あごなのです。

 

生理前になると、ポコッ、ポコッとあーらいつの間にできたの?って感じで、非常に悲しい。化粧で隠そうとすると、あごって皮膚が薄いので神経に直接あたるのか結構痛い。ほんとーに、あごニキビって厄介ですよね。そこで、私もいろいろとケア商品を試しました。 

その中でも、このあごニキビにピカイチで効果があったのがこれです。>>>あごニキビ本当に大丈夫?

ニキビ トップへ戻る